オリビア・ローゼンクランツ(Olivia Rosenkrantz)

フランス出身。ダンサー、シンガー。
Tapageの藤林真理のパートナー。

5歳の頃から父親の主宰する劇団で活躍。
フランス政府より助成を受け、ルイス&ニコラスでモダンダンスを学ぶためN.Y.に渡る。

アメリカンタップダンス・オーケストラのシンガー&ダンサーとしてディレクター、ブレンダ・バッファリーノの元で活動。
ヘザー・コーネルのマンハッタンタップともツアーし、レイ・ブラウン、キース・テリー、バスター・ブラウンとも共演。
スタンダードなリズムタップのみならず、北インドの音楽とダンスがジャズやタップと交錯するカ・タップの振り付け、パフォーマンスを行っている。
現在はNYを活動拠点としており、ブロードウェーダンスセンター、ステップス、バレエアーツなどでも教える。

公演、指導はヨーロッパ、アジア、北・南アメリカに及び、N.Y.のホフストラ大学でも指導した経験を持つ。
N.Y.でのダンスを描いた著書がフランスで出版中。