プロフィール

藤林 真理


Mari Fujibayashi

京都市出身。

9歳よりタップダンスを始める。
京都市立堀川高等学校音楽科を経て、同志社女子大学芸学部音楽科声楽専攻卒業。

イギリス留学後、ニューヨークに渡る。
N.Y.大学で学ぶ傍ら、N.Y.のアメリカンタップダンス・オーケストラに東洋人として初めて合格し、グレゴリー・ハインズ等著名なダン サー、ミュージシャンと数多くの舞台、テレビ、チャリティーコンサートに出演。ダンスエデュケーターズ・オブ・アメリカ、N.Y.のステップス等学校やス タジオでも教える。

文化庁派遣芸術家在外研修員に史上初のタップダンサーとして合格し、1年間N.Y.のマネス音楽院で学び、音楽性を深める。
クラシック、ジャズの基礎の上に、今までにない「音楽とダンス」が融合した芸術性の高い独自のスタイルを確立した。

教育・指導面でも、大学の特別講師「音楽の諸想」、テレビのタップダンス講座、企業での講演など多岐にわたって活動。
NHK BSで世界に放映された”what's on Japan”の海外で活躍する日本人として取材されたインタビュー、映像が全国の大学で英語のテキストとして使用された。

現在も、世界各国から招聘され、公演のみならず、世界のダンサー達に指導、振り付けしている。